不動産購入前にチェック【住宅ローンの仕組みを徹底リサーチ】

loan Select person

負担なく住宅ローン返済を実現させるために

住宅購入のために利用するローンは、総返済金額がトータルで安くなるかに注目して探すのもアリですが、その他でも注目すべきポイントがあります。後々の返済が楽にするために、どんなポイントを頭に入れておけば良いのでしょうか?

後々の返済が楽!住宅ローンのお得化する選び方

no.1

金利タイプごとのメリット・デメリットを把握

金利タイプは、変動金利・当初固定金利・固定金利の3タイプほど存在します。住宅ローンの金利タイプは、後々変更できるので最初にプランを色々比較しても意味がないと思ってください。各金利プランの特性を十分に把握しておけば、景気に合わせて適切な内容のものに変更できます。景気が良い時は当初固定金利・固定金利を、景気が低迷している場合は変動金利を選ぶと支払いが楽になす。景気チェックは、契約当初だけでなく、その後も欠かさずに行いましょう。

no.2

最終的にトータルの返済額で見比べる

住宅ローン選びで大切なのが、総返済金額。金利と諸費用をシミュレーションサイトなどで計算すれば導き出せ、最終的に総返済金額が安いローンが返済の負担が少なくて済みます。ちなみに、住宅ローンはネット銀行とメガバンクとでは諸費用の形式が大きく異なります。パンフレットや公式サイトで記載されている数値に惑わされず、総返済金額はいくらになるのかで比較すべきです。

no.3

その他特典は自身にメリットがあるかチェック

住宅ローンは、取り扱っている銀行によって設けているサービスが異なります。要介護・大病を患った場合、残りの返済を免除、あるいは特定の店舗での買い物をお得化など、どれを見ても後々便利だと思えるサービスが満載です。自身が置かれている状況、得点を有効活用できるのかを吟味した上で選ぶと良いでしょう。

普通のローンと異なるフラット35を紐解く

一般の住宅ローンと異なる仕組み

フラット35は、一般的な住宅ローンのようなシステムでは動いていません。平たく言うと、民間の金融機関が利用者に希望金額の貸付を行う、住宅金融支援機構に貸付した金額の債権を買い取ってもらうシステムです。住宅金融支援機構側では、買い取った債権を投資商品として販売してお金を調達します。住宅金融支援機構は、長期的にローンのお金を回すための中間地点となるためにフラット35を行っているのです。

2つの型が存在している

フラット35には、買取型と保証型の2種類の型があり、どっちもメリットデメリットが存在します。金利変動による総返済金額上昇回避・保証料・繰上返済などの手数料負担を減らしたい場合は、買取型がおすすめです。金利を安くしたい場合は保証型を選ぶと良いでしょう。

頭金は多めに準備

柔軟性の高い貸付であるフラット35は、新規申し込みを受け付けている金融機関が少なくなってきているそうです。そのため、総費用の9割程度しか貸付できないという条件がついてきます。月々の支払い負担を軽減したい場合は、頭金を多めに用意しておいたほうがいいです。

[PR]

地域密着型の越谷の不動産会社
利用者の要望に合った物件を紹介してくれる

[PR]

枚方の一戸建てを探しているなら注目!
条件に合った物件を数多く紹介

[PR]

広島で好評の注文住宅業者
さまざまなスタイルの住宅プランを提供中!

[PR]

大阪で人気のフリーローンプラン
金利の安さが最大の魅力☆

[PR]住宅ローンのフラット35特徴を徹底解説!
住宅ローンを利用したいなら注目!

住宅ローンの仕組みを知れば不動産購入負担を軽減できる!

男性

家を建てるなら住宅ローンはどうする?

大阪や枚方などで、一戸建てあるいは注文住宅などで不動産を購入する場合は、高額な金額が生じやすいのでローンで支払い負担を軽減するのが一般的です。その際、利用できるのはフラット35・住宅ローンの他にフリーローンがあります。フリーローンは、目的を定めない融資商品なので住宅以外にも利用できるのが特徴。また、有担保型と無担保型のフリーローンがあり、どっちを選ぶかによって融資条件や審査時間が大きく変わってきます。自身にとって本当に利用しやすいシステムなのか見比べてから利用手続きをしましょう。

一戸建ての購入は不動産の相場も考慮

施工業者への依頼料金だけでなく地域内の不動産相場も注目すべきです。大阪・広島などの都道府県、越谷や枚方などの地域によって不動産料金相場は異なります。地域内で、妥当な金額かどうかを十分に調べ、将来の人生設計的にも負担なく支払っていけるかどうかを考慮してから不動産購入を実行しましょう。