住宅ローンの手数料を要チェック【金融機関毎に異なるフラット35】

一般の住宅ローンとは異なる!フラット35の手数料や条件

loan Select person

対象になっているのかを確認

フラット35を利用する前に、どんな住宅建設技術が利用対象に含まれているのでしょうか。あるいは、利用条件・手数料はどうなっているのでしょうか。こちらでは、金融機関の住宅ローンを利用する前に、知っておきたい細かな情報をまとめています。

実は基準がある!フラット35の対象に含まれる住宅技術

新築住宅の場合

接道までは、原則2m以上接していて、住宅の大きさは70㎡以上、部屋数は2部屋以上の規模でなけらばなりません。断熱材を用いている場合は、外壁・屋根・天井・床下に決まった大きさの断熱材を用いて等級2以上の施工を施す必要があります。設計段階で、これらの基準を満たしているかをフラット35取扱金融機関が調査してくれます。

新築の物件調査の流れ

調査の内容は、設計図から技術基準を満たしているかどうかを把握するところから始まります。また、施工中に現場検査を、施工完了後にも現場検査を行い、住宅金融支援機構が設けている基準を見事クリアしているか緻密に調べてくれます。施工開始前から完了後に至るまで緻密な検査をした上で融資決定をしてくれるのです。

中古住宅の場合

中古住宅の場合だと、基本的に基準は新築物件とさほど変わりません。ただ、中古物件は耐震性の検査で、建築確認日で昭和56年の6月1日以降得なければなりません。この建築確認日は、確認できないと昭和58年の5月31日以前に作られた建築物とカウントされとし対象外となる恐れがあります。

中古住宅の物件調査の流れ

中古物件の調査は、建物の構造や技術基準が適応しているかの確認で書類審査、実際に現場に赴いて住宅金融支援機構が定めている技術基準にぴったりかを目視で確認されるのです。

住宅ローンの手数料を要チェック【金融機関毎に異なるフラット35】

電卓

金融機関によって異なる手数料

どの金融機関も、フラット35という名称で扱っています。そのため、どこを利用しても同じ印象を抱いてしまうのも無理ありません。しかし、金融機関によっては金利は勿論、手数料の内容が異なります。あるいは、公共料金引き落としか毎月の給与振込先に指定しないのを条件に利用できる期間もあります。そのため、住宅ローンとしてフラット35を利用する場合は、手数料や利用条件を細かくチェックした方が良いです。

返済年数によって金利は変動

住宅ローンを利用するつもりなら、返済年数はどう設定しますか。フラット35は、返済年数は最短で15年・最長で35年まで設定でき、細かい返済期間は1年単位で減らしたり増やしたりできます。実は、返済期間が20年以下になると金利が安くなります。安くなるからと、必ず20年以内で返済する必要はありません。無理なくコツコツと毎月返済し続けられるかを見極めるのが重要です。

負担なく借入したいなら

負担なく住宅ローンを返済したいなら、シミュレーションサイトを利用すると良いでしょう。新規での借り入れから返済中の人、借り換え検討中の人でもスピーディーにどれくらいの金額を毎月返済し続けられるのかを算出してくれます。